第100回薬剤師国家試験 問156

第100回薬剤師国家試験 問156

精神疾患治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 パロキセチンは、セロトニン5−HT3受容体を遮断する。
 トラゾドンは、セロトニン5−HT2A受容体を刺激する。
 タンドスピロンは、セロトニン5−HT1A受容体を刺激する。
 ヒドロキシジンは、セロトニンの再取り込みを阻害する。
 ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを阻害する。

 

 

 

 


解答
3、5


解説
1 誤
パロキセチンは、選択的にセロトニンの再取り込み阻害作用を有することから、抗うつ薬として用いられる。
2 誤
トラゾドンは、セロトニン再取り込み阻害作用及びセロトニン5−HT1A受容体刺激作用を有することから、抗うつ薬として用いられる。
3 正
タンドスピロンは、選択的にセロトニン5−HT1A受容体刺激薬作用を有することから、神経症における抑うつ状態の改善などに用いられる。
4 誤
ヒドロキシジンは、抗ヒスタミン作用及び中枢抑制作用を有することから、神経症における不安・緊張・抑うつに用いられる。
5 正
ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの神経終末への再取り込み阻害作用を有することから、抗うつ薬として用いられる。

第100回薬剤師国家試験 問156” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。