第100回薬剤師国家試験 問152

第100回薬剤師国家試験 問152

レニン−アンギオテンシン系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 アドレナリンβ1受容体遮断薬は、レニン分泌量を減少させる。
 アルドステロン受容体遮断薬は、レニン分泌量を減少させる。
 アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬は、アルドステロン分泌量を増加させる。
 レニン阻害薬は、血中アンギオテンシンⅠとアンギオテンシンⅡの量を減少させる。
 アンギオテンシン変換酵素阻害薬は、血中のブラジキニン量を減少させる。

 

 

 

 

 


解答
1、4

 


解説
1 正
アドレナリンβ1受容体が刺激されることによりレニン分泌が促進されることから、アドレナリンβ1受容体遮断薬物により、レニン分泌は低下する。
2 誤
アルドステロン受容体遮断薬の作用により、血中ナトリウム濃度が低下すると、レニン−アンギオテンシン系が亢進し、レニン分泌量が増加する。
3 誤
アンギオテンシンⅡがアンギオテンシンⅡAT1受容体を刺激するとアルドステロン分泌が促進される。よって、アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬により、アンギオテンシンⅡAT1受容体が遮断されるとアルドステロン分泌量が低下する。
4 正
レニン阻害薬(アリスキレンフマル酸塩)は、血中アンギオテンシンⅠとアンギオテンシンⅡの量を減少させる。
5 誤
アンギオテンシン変換酵素阻害薬は、キニナーゼⅡを阻害することによりブラジキニンの分解を抑制し、血中ブラジキニン量を増加させる。

第100回薬剤師国家試験 問152” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。