第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問149

第100回薬剤師国家試験 問149

50歳男性。半年前に胃潰瘍と高血圧を指摘され、現在は、カルシウム拮抗薬を服用している。本日の診察で糖尿病を指摘され、α−グルコシダーゼ阻害薬が処方された。処方せんを持って保険薬局を訪ねたところ、薬剤師から症状について質問されたため、男性は「胃潰瘍も治り、血圧も下がっています。血糖値は高いのですが、症状は何もありません。それなのにまた薬が追加になって、がっかりしています。」と答えた。この患者の気持ちに対する共感的な発言として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 「私も同じような経験があります。心配ないですよ。」
 「胃潰瘍と高血圧に加えて糖尿病までかかられて、お気の毒です。」
 「症状がないのに薬が追加されて、がっかりされているのですね。」
 「薬を飲めば血糖値が下がりますから、がっかりする必要はありません。」
 「なぜ、がっかりとした気持ちになったのでしょうか。」

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
共感的態度とは、患者の立場に立って理解するように努めることである。本問においては、患者が「胃潰瘍も治り、血圧も下がっています。血糖値は高いのですが、症状は何もありません。それなのにまた薬が追加になって、がっかりしています。」と答えていることから、「症状がないのに薬が追加されて、がっかりされているのですね。」と対応することが共感的な発言として最も適切である。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.