第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問118

第100回薬剤師国家試験 問118

1920年代後半、F.Griffithは、マウスを用いた肺炎球菌の感染実験を行った。下記はその概要である。この実験に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

(1)莢膜をもつS型菌(強毒株)の一定数をマウスに投与したところ、マウスは肺炎を発症し死亡した。
(2)莢膜をもたないR型菌(弱毒株)を(1)と同じ条件でマウスに投与しても、マウスは肺炎を発症しなかった。
(3)
S型菌を加熱殺菌した後に、(1)と同じ条件でマウスに投与しても、マウスは肺炎を発症しなかった。
(4)(2)で用いたR型の生菌及び(3)で用いたS型の加熱死菌を混合し、マウスに投与したところ、マウスは肺炎を発症し死亡した。また、マウスの死体からS型の生菌が多量に検出された。

 

 (4)でS型の生菌が多量に検出されたことから、加熱処理が不完全であったためにS型菌が一部生存していたものと考えられる。
 (4)でマウスが発症したのは、S型の加熱死菌由来の物質がR型菌に取り込まれた結果、R型菌の性質が変化したためと考えられる。
 (4)でマウスが発症したのは、S型菌が芽胞を形成したことにより、加熱処理に対して抵抗性を獲得したためと考えられる。
 この実験結果から、接合と呼ばれる現象が細菌間の遺伝子伝達に重要であることが示される。
 この実験結果から、形質の変化をもたらす物質が耐熱性であることが考えられる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
本問の実験内容より考えられることを以下にまとめる。
(1)、(2)の実験結果
・莢膜(きょうまく)をもつS型菌(強毒株)は、肺炎を起こすが、莢膜をもたないR型菌は、マウスに肺炎を起こさない。
(3)の実験結果
・S型菌の加熱滅菌したものは肺炎を起こさない。
(4)の実験結果
・S型菌の加熱死菌から遊離した莢膜合成に関わるDNAをR型の生菌が取り込み、R型菌が形質転換を起こし、S型菌に変化することにより肺炎を起こした。

1 誤
(3)の実験結果より、加熱後、S型菌が一部生存していたとは考えられない。
2 正
(4)の実験結果参照
3 誤
解説2参照
4 誤
接合とは、生きた細菌どうしの一部が融合し、細菌のDNAの一部が伝達される現象のことである。(4)の実験では、加熱死菌を用いているため、接合を起こすとは考えられない。
5 正
(4)で形質変化させた物質は、加熱後のS型菌由来であることから耐熱性であると考えられる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.