第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問117

第100回薬剤師国家試験 問117

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法により、図の破線で囲んだ塩基配列を増幅したい。適切なプライマーの組合せはどれか。1つ選べ。なお、プライマーの塩基数は簡素化して始めの6塩基のみを記している。また、本法において用いるDNAポリメラーゼは5’→3’の方向にDNA鎖を伸長する。

 5'-CTAGTT-3'               5'-ATCGGC-3'
 5'-AAGGAT-3'              5’-CCCGTT-3'
 5'-TAGGAA-3'              5’-GGGCAA-3'
 5'-AAGGAT-3'              5’-TTGATC-3'
 5'-CGGCTA-3'              5’-CCCGTT-3'

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
プライマーとは、DNA合成の起点となる短鎖DNA及び短鎖RNAのことである。PCR法により、図の破線で囲んだ塩基配列を増幅させるには、3'側の塩基配列に相補的な塩基配列を有するプライマーを結合させる必要がある。
よって、図の上のDNAを増殖するためには、AACGGGに相補的な塩基配列を有する「5'-CCCGTT-3'」をプライマーとして結合させ、図の下のDNAを増殖するためには、TTCCTAに相補的な塩基配列を有する「5'-AAGGAT-3'」をプライマーとして結合させる必要がある。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.