第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問113

第100回薬剤師国家試験 問113

図(1)は、細胞の核内における代表的な一対の相同染色体を表しており、図(2)〜(5)は、体細胞分裂におけるこの染色体のようすを模式的に描いたものである。以下の記述のうち正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 細胞周期は、図(1)→(4)→(2)→(5)→(3)の順序で進行する。
 図(2)では、紡錘体が観察される。
 図(4)は、2倍体細胞を表している。
 図(5)は、S期の細胞を表している。
 図(2)及び(5)で観察される紡錘糸の形成は、コルヒチンによって促進される。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
細胞周期の概要を以下に示す。
→G1期→S基→G2期→M期→G1期→
<G1期(図(1)に該当)>
DNA合成(複製)準備期
<S期>
DNA合成(複製)期
<G2期(図(4)に該当)>
分裂準備期
<分裂期(M期)>
・前期
染色体が形成された後、中心体が分裂し、両端へ移動して紡錘体が形成される。
・中期(図(2)に該当)
倍加した染色体に両端に達した紡錘体から紡錘糸が伸びる。この時期には染色体が細胞の赤道面に並ぶ。
・後期(図(5)に該当)
紡錘糸によって染色体が引っ張られ、染色体が分離する。
・終期
紡錘糸に引っ張られ染色体が極に到達すると、核膜が再形成される。染色体がほどけて染色糸となり、核小体が現れて核分裂が終了する。
1 正
前記参照
2 正
前記参照
3 誤
図(4)では、細胞内に4セットのゲノムが存在する4倍体細胞である。
4 誤
前記参照
5 誤
コルヒチンは、チューブリンに結合し、微小管の重合を阻害することにより紡錘糸の形成を抑制する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.