薬剤師国家試験出題項目

甲状腺ホルモン関連薬

1 甲状腺

甲状腺は、新陳代謝を促進するためのホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌する臓器であり、咽頭と気管の間に蝶が羽を広げたような形で存在している。
甲状腺実質の小葉内には濾胞が詰まっており、濾胞の間には結合組織が存在する。

2 甲状腺ホルモン

1)甲状腺ホルモンの作用

甲状腺ホルモンは、標的臓器に作用し、下記の作用を示す。
・熱産生 ・血糖値上昇 ・血中コレステロール値低下 ・骨格筋でのタンパク異化促進
・心機能亢進(心拍数増加、心収縮力増加)、身体の発育

 2)甲状腺ホルモンの種類

・甲状腺ホルモンには、トリヨードチロニン(T3)、チロキシン(T4)がある。
・T3はT4に比べ強い作用を示すが、作用持続時間が短い。
・抹消組織において、T4は脱ヨウ素化されてT3となり核内に移行し、甲状腺ホルモン作用を示す。

3)甲状腺ホルモンの合成・貯蔵・分泌

① ヨウ素イオンが濾胞上皮細胞に取り込まれる。
② 取り込まれたヨウ素イオンはペルオキシダーゼの作用により酸化されて活性型ヨウ素となる。
③ チログロブリンに結合したチロシン分子にヨウ素原子が結合し、MIT(モノヨードチロシン)、DIT(ジヨードチロシン)となる。
④ T3(MITとDITが縮合)やT4(DITが2つ縮合)が生合成され、チログロブリンに結合した形で貯蔵される。
⑤ チログロブリンは、濾胞上皮細胞に再吸収される。
⑥ チログロブリンがプロテアーゼにより加水分解され、甲状腺ホルモンが血中に放出される。血中に放出された甲状腺ホルモンは、主にグロブリンと結合して存在し、残りはアルブミンと結合するか遊離型として存在している。

3 甲状腺機能低下症治療薬

① リオチロニンナトリウム(T3製剤)
② レボチロキシンナトリウム(T4製剤)
・核内の甲状腺ホルモン受容体と結合して、下記に示す作用を示す。

・T4は、徐々に肝臓でT3となるため、半減期が長いことから補充療法にはT4製剤が用いられる。
◇適応症◇
 甲状腺機能低下症、粘液水腫、クレチン症(先天性甲状腺機能
◇副作用◇
 狭心症、肝機能障害、黄疸

粘液水腫
甲状腺機能低下症によりグルコサミノグリカンが蓄積し、皮膚・粘膜に硬い浮腫を生じる状態

4 甲状腺機能亢進症治療薬

① チアマゾール ② プロピルチオウラシル
・ペルオキシダーゼを阻害することで下記に示す作用を示す。
活性ヨウ素を低下させる
チログロブリンのヨウ素化を抑制する
MIT、DITの縮合を抑制し、チロキシン(T4)、トリヨードチロニン(T3)の生合成を抑制する

◇適応症◇
 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
◇副作用◇
 無顆粒球症、再生不良性貧血

③ プロプラノロール
甲状腺機能亢進症による交感神経興奮症状(動悸、頻脈、振戦など)を改善する目的で用いられる。

甲状腺ホルモン関連薬テキスト PDF

◇関連問題◇
第97回問37、第102回問36

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.