単語・用語

濃淡電池

化学電池は、二つの電極のイオン化傾向の違いに基づく電池である。それに対して、二つの半電池の間における物質の移動に基づく電池がある。このような電池を濃淡電池という。濃淡電池については、膜を介して起こる神経細胞の電気化学的過程や生体膜における輸送現象を理解する上で重要なモデルである。

亜鉛電極を用いた濃淡電池は、濃度の薄いZnSO4溶液で構成された亜鉛電極と濃度の濃いZnSO4溶液で構成された亜鉛電極を連結させたものである。
ZnSO4の濃度の薄い電極では、Zn2が増える方向に反応が進行(Zn→Zn2+2e)し、ZnSO4の濃度の濃い電極では、Zn2が減る方向に反応が進行(Zn2+2e→Zn)する。
これにより、見かけ上、左の電極から右の電極にZn2移行する現象が認められるとともに電子が移動する。

-単語・用語

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.