薬剤師国家試験出題項目

液体クロマトグラフィー

1 液体クロマトグラフィー

 液体クロマトグラフィーとは、移動相に液体を用いるクロマトグラフィーのことであり、医薬品の分析や生体高分子の分析に用いられている。液体クロマトグラフィーの分離モードには、「吸着」「分配」「イオン交換」「サイズ排除」「アフィニティー」などがあり広範囲な化合物の分析が可能である。液体クロマトグラフィーには、カラムクロマトグラフィー、高速液体クロマトグラフィーがあり、それぞれの概要を以下に示す。

1)カラムクロマトグラフィー

シリカゲルなどの固定相を充填した開放型のガラス管に有機溶媒を流し、目的成分の分取を行う方法

2)高速液体クロマトグラフィー

密閉系において移動相をポンプで加圧して試料混合物を迅速に分離・溶離する方法

高速液体クロマトグラフィーは、送液ポンプ、試料導入部、カラム、検出器、記録計からなる。

<勾配溶離(グラジエント溶離)について>
 液体クロマトグラフィーでは、物理化学的性質が異なる多様な化合物の混合資料を短時間で分析するために、勾配溶離(グラジエント溶離)が用いられることがある。
勾配溶離(グラジエント溶離)とは、時間の経過に伴って移動相として用いられる溶媒の組成を変化させることで、時間経過と共に溶離力を強めることによって保持力の強い成分の溶離時間を早め、結果的に時間を短縮することが可能となる。

2 検出法

 液体クロマトグラフィーでは、検出器として「紫外吸光光度計」「可視吸光光度計」「蛍光光度計」「電気化学検出器」「質量分析計」などが用いられる。

3 誘導体化

 液体クロマトグラフィーでは、検出器に対して感受性を高めるために目的成分の化学構造を変化させる誘導体化が行われることがある。
例えば、アミノ化合物やアミノ酸の誘導体化には、誘導体化試薬としてニンヒドリン、オルトフタルアルデヒド、ダンシルクロニドなどが用いられる。ニンヒドリンにより誘導体化すると、試料が吸光現象を示すようになり、オルトフタルアルデヒドやダンシルクロニドにより誘導体化すると、試料が蛍光発光現象を示すようになる。
試料の誘導体化には、プレカラム誘導体化法とポストカラム誘導体化法があり、プレカラム誘導体化法では、試料をカラムに導入する前に誘導体化を行い、ポストカラム誘導体化法では、試料をカラムに導入した後に誘導体化を行う。

◇関連問題◇
第104回問94

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.