薬剤師国家試験出題項目

微生物検査

微生物検査

微生物検査とは、感染症の原因となる細菌、真菌、ウイルス、寄生虫などの微生物の種類や薬剤感受性を検査することであり、病因検索や薬物療法の適正化、感染防止対策を目的として行われる。一般に検査検体として、血液、痰、尿、糞便が用いられるが、褥瘡や潰瘍を検査する場合には、その部位を採取したものを検体として用いることもある。微生物検査には、同定検査と薬剤感受性検査があり、対象となる微生物の種類により分析方法が異なる。

1)同定検査

(1)塗抹検査
 塗抹検査とは、採取した検体に存在する細菌をクリスタルバイオレットやゲンチアナバイオレット染色し、顕微鏡で拡大して観察する検査であり、細菌の存在や炎症・感染の有無を把握することができる。また、原因菌を推定することにより、抗菌薬を選択する際の判断材料となる。

(2)培養・同定検査
 検体を細菌が増殖するのに必要な栄養を含む培地に塗り、決められた時間置いておくと、細菌が増殖し、目に見える集落(コロニー)を形成する。その増殖した菌を用いて様々な確認試験を行うと、菌を同定することができる。この培地を使って細菌を増殖させる過程を「培養」といい、増殖した菌をもとに菌の正体を調べる検査を「同定検査」という。

 (3)その他の同定試験
 培地を用いて増殖させ、同定検査を行う方法以外に、ウイルスや細菌を同定する方法として、抗原抗体反応を用いた同定法(イムノクロマト法)や遺伝子解析に基づく詳細な原因微生物の同定法(PCR法)、原因微生物のタンパク質分析による同定法(質量分析法)などがある。

2)薬剤感受性検査

 薬剤感受性検査には、ディスク法(拡散法)や希釈法があり、検査結果は、感性(S)、耐性(R)、中間(I)で示される。
「感性(S)」
推奨される投与量を投与した場合、予想される体内薬物濃度によって標的菌の発育が抑制されることを示す。
「耐性(R)」
通常の薬物投与法で得られる体内薬物濃度では標的菌の発育を抑制できない、もしくは特異的な耐性機構をもつため、治療効果が期待できないことを示す。

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.