薬剤師国家試験出題項目

動脈血ガス分析

動脈血ガス分析

血液ガス分析とは、検体に動脈血または静脈血を用いて、肺胞におけるガス交換能、酸・塩基平衡を調べる検査である。動脈血ガス分析では、pH、PaO2(動脈血酸素分圧)、PaCO2(動脈二酸化炭素分圧)が測定される。

1)動脈血pH

基準値は7.35〜7.45である。アシドーシスの場合ではpHは低値を示し、アルカローシスではpHは高値を示す。

分類 原因
アシドーシス 代謝性 糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、腎不全、下痢
呼吸性 慢性閉塞性肺疾患、肺水腫、肺線維症
アルカローシス 代謝性 嘔吐、低カリウム血症
呼吸性 甲状腺機能亢進症、肝性昏睡、肺塞栓症

 

2)酸素分圧(PO2、PaO2

 動脈血中に溶解した酸素を反映した値であり、基準値は80〜100Torr(mmHg)である。代謝性アシドーシスや過換気症候群、酸素吸入時に高値を示し、肺水腫、肺線維症、神経・筋疾患、間質性肺炎、浮腫、肺炎などで低値を示す。

3)酸素飽和度(SO2、SaO2

 血液中のヘモグロビンの酸素との結合率を表したものであり、基準値は94〜97%である。換気不全のときは低値を示し、体内が酸素不足であることを表す。

4)二酸化炭素分圧(PCO2、PaO2

 動脈血中の二酸化炭素分圧を表したものであり、基準値は35〜45Torrである。

原因
高値 換気が低下している状態、低換気状態
慢性閉塞性肺疾患、肺水腫、肺線維症、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、筋ジストロフィー、睡眠薬・麻酔薬・鎮静薬の過剰投与 など
低値 換気が増加している状態、過換気状態
発熱、疼痛、せん妄、感染症、代謝性アシドーシス など

 

 

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.