薬剤師国家試験出題項目

全身麻酔薬

全身麻酔薬

全身麻酔薬は、手術をする際に意識の消失、侵害刺激反応の消失及び機械的反射の消失を可逆的に維持すること、自律神経反射(心拍数増加、血圧上昇など)を抑制することを目的として用いられる。全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬があり、両者が併用されることがある。

1 麻酔

1)全身麻酔薬の作用順序

 手術は脊髄が麻痺した状態で行われることから、脊髄よりも先に呼吸中枢などが存在する延髄を麻痺するような薬(規則的な下降性麻痺を起こす薬物:モルヒネなど)は全身麻酔薬として適していない。このことから、全身麻酔薬として用いられる薬には、大脳皮質→間脳→中脳→脊髄→延髄の順に作用が現れる不規則的下降性麻痺を示すものが用いられる。

2)麻酔過程

 麻酔の深度は、第1期(導入期)、第2期(発揚期)、第3期(手術期)、4段階(中毒期)に分類される。

第1期(導入期)
大脳皮質の知覚領に作用が現れるため、痛覚が消失する。

第2期(発揚期)
上位脳の抑制系が抑制されることにより、見かけ上興奮状態となる(脱抑制が認められる)。血圧上昇や頻脈が認められると共に呼吸も不規則となる。生体の不安定な時期である。

第3期(手術期)
痛覚及び意識が消失していることに加え、骨格筋も弛緩し各種反射も消失しているので、手術に適している。

第4期(中毒期)
延髄の呼吸中枢、血管運動中枢が抑制され、呼吸抑制や血圧低下が認められる。

中毒期における呼吸抑制、血圧低下の対処法
呼吸抑制が認められた場合には、呼吸興奮薬であるジモルホラミンが用いられることがある。また、血圧低下が認められた場合には、アドレナリンが用いられることがある。

 

2 吸入麻酔薬

吸入麻酔薬は、静脈麻酔薬に比べ、麻酔維持や麻酔の深度調節が容易であるが、導入期、発揚期が長く、手術期に到達するまでに時間を要する。吸入麻酔薬として、ハロタン、イソフルラン、セボフルラン、亜酸化窒素などが用いられている。

血液/ガス分配係数と麻酔の導入ならびに麻酔からの覚醒速度
吸入麻酔薬の導入、覚醒の速さは血液/ガス分配係数と関係があるとされており、血液/ガス分配係数が小さい薬物の方が麻酔の導入、覚醒が速いとされている。
血液/ガス分配係数:37℃、1気圧における血液1mLに溶けるガスの量

MAC(最小肺胞濃度)と麻酔の強さ
MACは、手術時切開による痛み反応が50%のヒトや動物で生じなくなるときの濃度のことであり、MACが小さいほど麻酔効果は強い。

① ハロタン
麻酔作用が強いが、鎮痛作用が弱いため、亜酸化窒素と併用されることが多い。
・心筋のカテコールアミン感受性増大作用が強く、アドレナリンなどと併用すると心室性不整脈を誘発する可能性がある。
・心血管系抑制作用を有しており、心拍出量の減少、血圧低下を誘発する。
・気管支拡張作用を有している。
・生体内で代謝され、肝障害(肝炎)を誘発することがある。
・まれに悪性高熱症を誘発することがある。

② イソフルラン   ③セボフルラン
・麻酔の深度を容易に変更することができる。
・ハロタンに比べ、血液に溶けにくいことからハロタンよりも導入と覚醒が速やかである。
・心筋のカテコールアミン感受性増大作用はハロタンよりも弱い。
・肝臓でほとんど代謝されないため、肝毒性が小さい。

④ 亜酸化窒素(笑気:N2O)
・鎮痛作用が強いが、麻酔作用が弱い。
・酸素欠乏症に陥ることがあるため、使用する際には吸気中酸素濃度を20%以上に保つ)

3 静脈麻酔薬

吸入麻酔薬よりも、速やかに効果が現れるため、主に導入に用いられる。急速静注により延髄麻酔を生じるおそれがあり、用量による麻酔の深度の調節が難しいとされている。

① チオペンタールナトリウム ② チアミラールナトリウム

・超短時間作用型のバルビツール酸誘導体である。
・脂溶性が高く速やかに脳に移行し効果を発揮するが、中枢神経系から脂肪組織に再分配され、血中濃度が低下しやすいため効果持続時間は短い。
・再分配後徐々に血液中に移行してくることにより悪心、頭痛を引き起こすことがある。
・麻酔深度の調節が難しい。
・ヒスタミン遊離作用があるため、重症の気管支喘息の患者には投与禁忌とされている。

③ プロポフォール

・作用機序:GABAA受容体の作用を増強する。
・超短時間作用型の静脈麻酔薬である。
・麻酔導入、覚醒が速い。
・肝臓で速やかに代謝されるため、体内蓄積が少なく、覚醒時の悪心・嘔吐が少ない。
・麻酔導入と持続点滴静注による全静脈麻酔に用いられる。

④ ミダゾラム
・ベンゾジアゼピン誘導体であり、GABAA受容体の作用を増強することで麻酔作用を示す。
・全身麻酔の導入と維持に用いられる。
・作用発現は速く、強力である。

⑤ ケタミン
・NMDA受容体に対する非競合的拮抗作用を示す。
・強い鎮静作用と意識の解離状態をもたらす(覚醒しても意識レベルが低い状態をもたらす)ため、解離性麻酔薬に該当する。
・麻薬に指定されている。

⑥ ドロペリドール・フェンタニル(50:1合剤)
・神経遮断作用をもつ精神安定薬のドロペリドールと麻薬性鎮痛薬のフェンタニルの合剤
・神経遮断性麻酔に応用される。
・呼びかけには応答できる程度の意識を保ちながら、手術可能な無痛状態を得ることができる。

4 麻酔前投薬

 全身麻酔の導入と維持を円滑にし、麻酔薬や手術による副作用を軽減する目的で薬を投与することを麻酔前投薬という。

◇関連問題◇
第95回問125、第96回問125、第97回問155、第102回問154、第104回問153

テキスト
全身麻酔薬 PDF

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.