薬剤師国家試験出題項目

中枢神経系

Section 中枢神経系

中枢神経系は脳と脊髄で構成されている。

 1 脳

 脳は大脳(終脳)、間脳、脳幹(中脳、橋、延髄)、小脳で構成されている。

1.1 大脳(終脳)

 大脳は、表皮を取り巻く大脳皮質(灰白質)、大脳基底核(灰白質:尾状核、被殻、淡蒼球)、大脳髄質(白質)に分けられる。

1)大脳皮質
 大脳皮質とは、大脳表面を覆う灰白質層であり、新皮質、古皮質、旧皮質に分類され、古皮質と旧皮質を大脳辺縁系とよばれる。
【新皮質】
 新皮質は、主要な溝を境として、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の4つの部分に分類され、系統的に最も新しい部分で学習・思考・情操などの精神活動が営まれる。

 

【大脳辺縁系】
 大脳辺縁系には、扁桃核、海馬などがあり、本能(食欲、性欲など)、情動(快感、不快感、怒り、おそれ、不安など)や記憶の形成に関与している。

2)大脳基底核
 大脳基底核は、大脳半球深部にある大脳髄質(白質)の中にある終脳由来の神経核群であり、尾状核、被殻、淡蒼球から成る。尾状核と被殻をあわせて線条体といい、被殻と淡蒼球をあわせてレンズ核という。

大脳基底核は不随意運動を制御する上で重要な役割を担っており、この領域が障害されると錐体外路症状が現れる。また、大脳基底核に存在するマイネルト基底核からコリン作動性神経が海馬へ投射されている。

 1.2 間脳

 間脳は大脳と中脳の間に存在し、その主要部分は視床と視床下部から成る。

 1.3 脳幹(中脳、橋、延髄)

脳幹は、中脳、橋、延髄の総称であり、大脳半球・間脳と脊髄をつなぐ部分である。大脳皮質と脊髄、小脳間を上行、下行する神経は脳幹を通り、12対ある脳神経のうち、嗅神経と視神経以外の脳神経の神経核が脳幹に存在する。

1.4 小脳

 小脳は橋、延髄の背部に位置し、その表層は小脳皮質(灰白質)、深部は小脳髄質(白質)により構成されている。小脳は中脳、橋、延髄と連絡しており、全身の骨格筋の運動と緊張性を調節し、運動を円滑に行うことや姿勢の保持に関与している。

 2 脊髄

 脊髄は、脊柱管内に存在し、上方は延髄と連結しており、下方は円錐状となり終結している。脊髄には脊髄神経(頸神経:8対、胸神経:12対、腰神経:5対、仙骨神経:5対、尾骨神経:1対)がそれぞれ対応した椎間孔を通じて左右に出入している。
脊髄の断面をみると、中央部にH形をした灰白質とその周りの白質に分類される。

3 脊膜

 中枢神経の表面は、硬膜、くも膜、軟膜からなる髄膜に覆われている。

◇関連問題◇
第97回問111

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.