医薬品情報

レンドルミン錠/D錠 0.25mg(ブロチゾラム)

名称

商品名:レンドルミン
一般名:ブロチゾラム

剤形、規格

錠:0.25 mg
D錠:0.25 mg

構造

薬効分類

チエノトリアゾロジアゼピン系薬

薬効薬理・作用機序

ブロチゾラムは、GABAA受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、GABAによるクロライドチャネル透過性亢進作用を増強させる。

適応症、服用方法、使用方法

本剤の用量は、年齢、症状、疾患などを考慮して適宜増減するが、一般に成人には次のように投与する。
・不眠症
1回0.25mgを就寝前に経口投与する。

・麻酔前投薬
手術前夜
1回0.25mgを就寝前に経口投与する。
麻酔前
1回0.5mgを経口投与する。

使用できない場合(禁忌)

・急性狭隅角緑内障のある患者
[眼内圧を上昇させるおそれがある。]

・重症筋無力症の患者
[重症筋無力症を悪化させるおそれがある。]

使用するにあたっての注意事項

・本剤の影響が翌朝以後に及び、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、自動車の運転等の危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。

・連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること。

副作用

<主な副作用>
残眠感・眠気、ふらつき、頭重感、だるさ、めまい、頭痛、倦怠感等

<重大な副作用>
・肝機能障害、黄疸
・一過性前向性健忘、もうろう状態
・依存性

体内動態

本剤は、主として薬物代謝酵素CYP3A4で代謝される。
健康成人に経口投与した場合、速やかに吸収され約1.5時間で最高血漿中濃度に達する。
血漿中濃度消失半減期は約7時間である。

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・アルコール(飲酒)
鎮静作用、倦怠感等が増強されるおそれがあるので、アルコールとの服用は避けさせることが望ましい。

・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体)
鎮静作用が増強されるおそれがある。

・CYP3A4阻害剤
(イトラコナゾール、ミコナゾール、シメチジン等)
本剤の血中濃度が上昇し、作用の増強及び作用時間の延長が起こるおそれがある。

・モノアミン酸化酵素阻害剤
鎮静作用が増強されるおそれがある。

・CYP3A4誘導剤(リファンピシン等)
本剤の血中濃度が低下し、本剤の作用が減弱されるおそれがある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.