医薬品情報

リボトリール錠0.5、1、2 mg/リボトリール細粒0.1%、0.5%(クロナゼパム)

名称

商品名:リボトリール
一般名:クロナゼパム

剤形、規格

錠:0.5、1、2 mg
細粒:0.1%、0.5%

構造

薬効分類

抗てんかん薬

薬効薬理・作用機序

クロナゼパムは、GABAA受容体に存在するベンゾジアゼピン受容体に結合し、抑制性伝達物質GABAの受容体親和性を高め、クロライド(Cl)チャネル開口を増強して神経機能抑制作用を促進する。

適応症、服用方法、使用方法

・小型(運動)発作[ミオクロニー発作、失立(無動)発作、点頭てんかん(幼児けい縮発作、BNSけいれん等)]
・精神運動発作
・自律神経発作
通常 成人、小児は、初回量1日0.5〜1mgを1〜3回に分けて経口投与する。
以後、症状に応じて至適効果が得られるまで徐々に増量する。
通常、維持量は1日2〜6mgを1〜3回に分けて経口投与する。
乳、幼児は、初回量1日体重1kgあたり0.025mgを1〜3回に分けて経口投与する。
以後、症状に応じて至適効果が得られるまで徐々に増量する。
通常、維持量は1日体重1kgあたり0.1mgを1〜3回に分けて経口投与する。
なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。

本剤は小型(運動)発作、精神運動発作、自律神経発作に用いられ、それぞれの有効率は臨床成績より45.2%、49.6%、75.0%とされている。

使用できない場合(禁忌)

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・急性狭隅角緑内障の患者
[眼圧を上昇させるおそれがある。]
・重症筋無力症の患者
[重症筋無力症の症状を悪化させるおそれがある。]

使用するにあたっての注意事項

・投与初期に眠気、ふらつき等の症状があらわれることがあるので、本剤の投与は少量から開始し、慎重に維持量まで漸増すること。

・連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。

・混合発作(2種類以上の発作型をもつ)のある患者に本剤を投与すると、強直間代発作の誘発や回数を増加することが、また、特にLennox症候群の患者に本剤を投与するとinduced microseizures(睡眠中の多呼吸発作等)を誘発することがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

・本剤は比較的若年齢から長期使用されるので、耐性の上昇に十分注意すること。

・本剤を投与されているてんかん患者には、フルマゼニル(ベンゾジアゼピン受容体拮抗剤)を投与しないこと。

・連用中は定期的に肝・腎機能、血液検査を行うことが望ましい。

・眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること。

副作用

<主な副作用>
眠気、ふらつき、喘鳴 など

<重大な副作用>
・依存性
・呼吸抑制、睡眠中の多呼吸発作
・刺激興奮、錯乱等
・肝機能障害、黄疸

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・フェニトイン
本剤またはフェニトインの血中濃度が低下することがある。
フェニトインの血中濃度が上昇することがある。

・抗てんかん剤アルコール中枢抑制剤
中枢抑制作用が増強されることがある。

・MAO阻害剤
クロルジアゼポキシドで舞踏病が発現したとの報告がある。

・バルプロ酸ナトリウム
欠伸発作重積が現れたとの報告がある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.