医薬品情報

ラスビック錠75mg(ラスクフロキサシン塩酸塩)

名称

商品名:ラスビック
一般名:ラスクフロキサシン塩酸塩

剤型・規格

錠:75mg

構造

薬効分類

●キノロン系経口抗菌剤
(レスピラトリーキノロン)

薬効薬理・作用機序

DNAジャイレースおよびトポイソメレースⅣを阻害することにより抗菌作用を示す。

<抗菌作用>
好気性又は嫌気性のグラム陽性菌及びグラム陰性菌、非定型病原体に対して抗菌スペクトルを示し、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌を含む)、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、 クレブシエラ属、エンテロバクター属、インフルエンザ菌(BLNAR及びBLPARを含む)、レジオネラ・ニューモフィラ、プレボテラ属、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)に対して抗菌活性を示した。

適応症、服用方法、使用方法

●咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、 急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、中耳炎、 副鼻腔炎
通常、成人には、ラスクフロキサシンとして1回75mgを1日 1回経口投与する。

禁忌

・本剤の成分又は他のキノロン系抗菌剤に対し過敏症の既往歴のある患者

・妊婦又は妊娠している可能性のある女性

・小児等

体内動態

CYP3A4により代謝される。

相互作用

1)薬力学的相互作用

・フェニル酢酸系、プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤
中枢におけるGABAA受容体への結合阻害が増強され、中枢性の痙攣が誘発されることがある。

・クラスⅠA抗不整脈薬、クラスⅢ抗不整脈薬
QT延長を起こすことがある。

・副腎皮質ホルモン剤(経口剤及び注射剤)
腱障害のリスクが増大するとの報告がある。

2)薬物動態学的相互作用

・アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛を含有する製剤
金属イオンを含む薬剤と難溶性キレートを形成し、本剤の吸収が阻害される。

・CYP3A4誘導作用を有する薬剤
本剤の代謝が促進され、作用が減弱することがある。

・テオフィリン、アミノフィリン水和物
機序は不明であるが、テオフィリンの血中濃度が上昇することがある。

副作用

1)主な副作用

・下痢、好酸球数増加、ALT上昇 など

2)重大な副作用

・ショック、アナフィラキシー
呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹などが認められることがある。
不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・白血球減少
白血球減少症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

・間質性肺炎
咳嗽、呼吸困難、発熱等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT検査などを実施すること。
間質性肺炎が認められた場合には、投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等適切な処置を行うこと。

・QT延長、心室頻拍(Torsades de pointsを含む)
動悸、ふらつき、失神が認められることがある。
観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・低血糖
強い空腹感、冷や汗、動悸などが認められることがある。
低血糖症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・偽膜性大腸炎
腹痛、粘血便、頻回の下痢が認められることがある。
異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害
腱の周囲の痛み、浮腫、発疹等の症状が認められる場合がある。
異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・肝機能障害
AST、ALTの上昇等を伴う肝機能障害が現れることがある。
観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。

・横紋筋融解症
筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇が認められることがある。観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・痙攣
異常が認められた場合には直ちに投与を中止すること。

・錯乱、せん妄等の精神症状
錯乱・せん妄等の精神症状が認められることがある。
観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

・重症筋無力症の悪化
重症筋無力症の悪化が認められることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・大動脈瘤、大動脈解離
大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがあるので、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

補足

・肺炎による死亡率が増加する中で、肺炎球菌やインフルエンザ菌、マイコプラズマに効果のある新規抗菌薬が必要と考え開発された。
・既存薬に比べ、標的菌種に対する抗菌力と組織移行性の両面を高めることで、全身暴露量を抑えても高い臨床効果が得られると考え開発された。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.