医薬品情報

メイラックス錠1mg、2mg/メイラックス細粒1%(ロフラゼプ酸エチル)

名称

商品名:メイラックス
一般名:ロフラゼプ酸エチル

剤形、規格

錠剤:1mg、2mg
細粒:1%

構造

薬効分類

持続性心身安定剤
ベンゾジアゼピン系抗不安剤

薬効薬理・作用機序

ロフラゼプ酸エチルは、GABAA受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、GABAによるクロライドチャネル透過性亢進作用を増強させる。ロフラゼプ酸エチルは、他のベンゾジアゼピン系薬剤に共通した中枢神経作用を有しているが、その作用強度や薬理学的プロフィールは他のベンゾジアゼピン系薬剤と異なる。鎮静作用、意識水準の低下、筋弛緩作用、協調運動抑制作用は比較的弱く、抗鎮痙作用や抗コンフリクト作用が強い。

本剤は抗コンフリクト作用、抗痙攣作用が強いという特徴を有している。
抗コンフリクト作用とは、抗葛藤作用のことであり、本剤を投与することにより、葛藤を抑制することができるとされており、それにより強い抗不安作用を示すとされている。

適応症、服用方法、使用方法

・神経症における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
・心身症(胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
通常、成人には、2mgを1日1〜2回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。

使用できない場合(禁忌)

・ベンゾジアゼピン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある患者
・急性狭隅角緑内障のある患者
[眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがある。]
・重症筋無力症のある患者
[筋弛緩作用により症状が悪化するおそれがある。]

使用するにあたっての注意事項

・眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

・連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること。本剤の投与を継続する場合には、治療上の必要性を十分に検討すること。

副作用

<主な副作用>
中枢神経症状(眠気、思考減退、集中力低下など)、中枢・末梢神経系障害(ふらつき、頭重感、構音障害等)、一般的全身障害(怠感、脱力感等)、消化管障害(口渇、便秘、胃不快感等)、肝臓・胆管系障害(γ-GTP上昇、ALT(GPT)上昇等) など

<重大な副作用>
・薬物依存
・刺激興奮・錯乱
・幻覚
・呼吸抑制

体内動態

最高血中濃度到達時間Tmax:0.8±0.3 時間
半減期T1/2:122±58 時間

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・中枢神経抑制剤
(フェノチアジン誘導体(クロルプロマジン塩酸塩等)、バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール等)等)
両剤の作用が増強されるおそれがある。

・モノアミン酸化酵素阻害剤
両剤の作用が増強されるおそれがある。

・シメチジン
シメチジンの酵素阻害作用により本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。

・アルコール(飲酒)
本剤の作用が増強されることがある。

・四環系抗うつ剤(マプロチリン塩酸塩等)
本剤を急速に減量又は中止すると痙攣発作が起こるおそれがある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.