医薬品情報

ベンジルペニシリンベンザチン水和物

名称

ベンジルペニシリンベンザチン水和物

概要

ベンジルペニシリン誘導体であり、ベンジルペニシリンの欠点である「経口投与では十分な臨床効果が得られない」、「有効血中濃度の持続時間の短い」を改善したものである。
・グラム陽性菌に対して強い抗菌活性を示す
・酸に安定である
・連鎖球菌、梅毒スピロヘータのように感受性の高い病原体に有効な濃度を長く持続する

代表的な商品

バイシリンG

構造

分類

ペニシリン系薬

薬効薬理・作用機序

構造中のβラクタム環がムレインモノマーのD−アラニル−D−アラニンに構造が類似していることから、PBPに結合し、ペプチド鎖の架橋を阻害する。

主な用途

リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、梅毒、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱、リウマチ熱の発症予防

<有効菌種>
ベンジルペニシリンに感性のレンサ球菌属、肺炎球菌、梅毒トレポネーマ

使用できない例(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症のある患者

体内動態

<消失過程>

主として腎臓から消失する

副作用

<重大な副作用>
ショック
溶血性貧血
間質性腎炎、急性腎障害
偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎

医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.