医薬品情報

バカンピシリン塩酸塩

名称

バカンピシリン塩酸塩

概要

・アンピシリンのプロドラッグであり、消化管からの吸収が良好(バイオアベイラビリティが高い)
・胃及び十二指腸のpHに安定で,吸収前にアンピシリンに分解しない
・生体内に吸収された後,速やかに加水分解されてアンピシリンを生じる
・エステル部分が加水分解されて産生する物質が有害作用を持たない
・エステル誘導体自身は抗菌力が弱い

代表的な商品

ペングッド

構造

分類

広範囲ペニシリン系薬

薬効薬理・作用機序

構造中のβラクタム環がムレインモノマーのD−アラニル−D−アラニンに構造が類似していることから、PBPに結合し、ペプチド鎖の架橋を阻害する。

主な用途

表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎,咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染,膀胱炎,腎盂腎炎,淋菌感染症,腹膜炎,子宮内感染,子宮付属器炎,眼瞼膿瘍,麦粒腫,角膜炎(角膜潰瘍を含む),中耳炎,副鼻腔炎,歯周組織炎,歯冠周囲炎,抜歯創・口腔手術創の二次感染,猩紅熱

<有効菌種>
アンピシリンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,大腸菌,プロテウス・ミラビリス,インフルエンザ菌

使用できない例(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
伝染性単核症の患者
[発疹の発現頻度を高めることがある。]

体内動態

<消失過程>
腎臓から主に消失する

<併用薬の体内動態への影響>
腸内細菌叢に影響を与え、腸肝循環に影響を与えることがある

副作用

1)主な副作用
発疹、下痢、悪心、食欲不振、嘔吐 など

2)重大な副作用
ショック・アナフィラキシー
中毒性表皮壊死融解症(TEN)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
急性汎発性発疹性膿疱症
急性腎障害
偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎
肝障害、黄疸

医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.