医薬品情報

ニキビ(ざ瘡)に対する薬物治療

ニキビ(ざ瘡)に対する薬物治療

ニキビ(ざ瘡)は、皮脂が毛穴の中にたまることから始まる慢性的な皮膚の炎症である。

1 主な原因

1:ホルモンバランスが崩れ、皮膚から分泌される皮脂が増加する
(男性ホルモンは、角質を硬くし、皮脂分泌を促進することからニキビの原因となる)
2:毛穴が硬い角質により詰まり皮脂が毛穴の中に溜まる
3:毛穴に皮脂が溜まった状態でアクネ菌が増殖することで炎症(膿疱)が起こる
4:ストレス、睡眠不足、便秘、不適切なスキンケア、肌の乾燥により誘発される

2 段階

ニキビの症状は、白ニキビ、黒ニキビ → 紅色丘疹 → 膿疱の順に進行する。
最重症症例では、嚢腫、結節が認められることがある。

 ●白ニキビ(閉鎖面ぽう)
毛穴が角質により閉鎖され、毛穴の中に皮脂の充満、アクネ菌の塊がある状態

●黒ニキビ(開放面ぽう)
 毛穴が開大し、毛穴の出口とその周辺の色素(メラニン)および過酸化された皮脂により黒く見える状態

●紅色丘疹
 面ぽう内でアクネ菌が増殖し、好中球が活性酸素を放出することなどにより、認められる炎症

●膿疱
 紅色丘疹がさらに進行した状態
膿疱では毛穴が破壊され、内容物が漏れ出ることにより炎症が進展する

3 治療法

1)男性ホルモンを抑える治療
スピロノラクトン 

2)毛穴の角化を抑える
アダパレン
過酸化ベンゾイル
ケミカルピーリング

 3)皮脂の排泄を促進する
アダパレン
イオウカンフルローション
過酸化ベンゾイル
ケミカルピーリング

4)ニキビ菌の増殖を抑える
抗生物質の内服(ミノサイクリン、ロキシスロマイシン など)
抗生物質の外用(クリンダマイシン、ナジフロキサシン など)
過酸化ベンゾイル

 5)漢方薬
清上防風湯
荊芥連翹湯
桂枝茯苓加薏苡仁

4 ニキビの治療に用いられる外用剤

1)アダパレン(商品名:ディフェリンゲル)
<作用機序>
レチノイン酸受容体に結合し、遺伝子転写促進化を誘発することにより表皮角化細胞の分化が抑制され、非炎症性皮疹と炎症性皮疹が減少すると考えられる。

<特徴>
化膿性炎症がないニキビに用いられる。
1日1回 洗顔後に使用する。
過敏症、重度の皮膚刺激感が認められた場合には使用を中止する。
切り傷、すり傷、湿疹のあるところ、眼、唇などの粘膜を避けて使用する。
過度の紫外線を避ける。
治療開始2週間以内に皮膚乾燥、皮膚不快感、皮膚剥離、紅斑が現れることがあるが、通常軽度で一過性のものである(症状の軽減が認められない場合:休薬等の処置を行う)。
主な副作用として、皮膚乾燥、皮膚不快感、皮膚剥脱、湿疹、紅斑が認められる。

2)過酸化ベンゾイル(商品名:ベピオゲル)

<作用部位・作用機序>
・抗菌作用
強力な酸化剤であり、分解により生じたフリーラジカルが細菌の膜構造、DNA、代謝などを直接阻害することにより抗菌作用を示す。
・角層剥離作用
閉塞した毛漏斗部において、分解により生じたフリーラジカルが角質中のタンパク質を変性させることにより角質細胞同士の結合を弛めて角層剥離を促進する。

<特徴>
化膿性炎症がないニキビや化膿性炎症を伴うニキビに用いられる。
1日1回 洗顔後に使用する。
全身の過敏反応や重度の皮膚刺激感が認められた場合には使用を中止する。
使用中に皮膚剥離、紅斑、刺激感等が現れることがある(通常、継続使用により軽減、消失するが、繰り返し症状が現れることもある)。
異常が認められた場合は直ちに中止する。
日光への暴露を最小限にする。日焼けランプの使用、紫外線療法は避ける。
主な副作用として、皮膚剥離、適用部位刺激感、適用部位紅斑、適用部位乾燥が認められる。

参考:アダパレンと過酸化ベンゾイルを含む「商品名:エピデュオゲル」も販売されている。

3)クリンダマイシンリン酸エステル(商品名:ダラシンTゲル、ローション)

<作用部位・作用機序>
クリンダマイシンリン酸エステルは生体内で加水分解され、クリンダマイシンとなり細菌のリボソーム50Sサブユニットに作用することにより蛋白合成を阻害する。

<特徴>
化膿性炎症を伴うニキビに用いられる。
1日2回 洗顔後に使用する。
4週間使用して効果が認められない場合には、使用を中止する
炎症性皮膚炎が緩和したら継続使用しない。
耐性菌出現を防止するため、治療上必要な最小限の期間の使用にとどめる。
主な副作用として、掻痒、発疹が認められることがある。

参考:過酸化ベンゾイルとクリンダマイシンを含む「商品名:デュアックゲル」も販売されている。

4)ナジフロキサシン(商品名:アクアチムクリーム、ローション)

<作用部位・作用機序>
細菌のDNAの高次構造を変換するDNAジャイレースに作用し、DNA複製を阻害することにより殺菌作用を示す。

<特徴>
化膿性炎症を伴うニキビに用いられる。
1日2回 洗顔後に使用する。
4週間使用して効果が認められない場合には、使用を中止する。
炎症性皮膚炎が緩和したら継続使用しない。
耐性菌出現を防止するため、治療上必要な最小限の期間の使用にとどめる。
主な副作用として掻痒感、刺激感、発赤、丘疹、ほてり感などが認められることがある。

5)オゼノキサシン(商品名:ゼビアックスローション)

<作用部位・作用機序>
細菌のDNAジャイレース、トポイソメラーゼⅣに作用し、DNAの複製を阻害することにより抗菌作用を示す。

<特徴>
化膿性炎症を伴うニキビに用いられる。
1日1回 洗顔後に使用する。
4週間使用して効果が認められない場合には、使用を中止する。
炎症性皮膚炎が緩和したら継続使用しない。
耐性菌出現を防止するため、治療上必要な最小限の期間の使用にとどめる。
主な副作用として適用部位掻痒感、適用部位乾燥などが認められる。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.