医薬品情報

セフピロム硫酸塩

名称

セフピロム硫酸塩

概要

・細菌の外膜透過性にすぐれ、ペニシリン結合タンパク(PBPs)に対する親和性が高く、細菌の細胞壁合成を阻害することにより殺菌的抗菌作用を示す
・β–ラクタマーゼに対して安定で、かつそれらの酵素に極めて親和性が低いため、β-ラクタマーゼ産生菌に対しても強い抗菌力を示す
・緑膿菌に対しても活性がある

代表的な商品

セフピロム硫酸塩「CMX」

構造

分類

注射用第四世代セフェム系薬

薬効薬理・作用機序

細菌の外膜透過性にすぐれ、ペニシリン結合タンパク(PBPs)に対する親和性が高く、細菌の細胞壁合成を阻害することにより殺菌的抗菌作用を示す。

主な用途

敗血症、感染性心内膜炎、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、化膿性髄膜炎

<有効菌種>
セフピロムに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、エンテロコッカス・フェカーリス、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、アシネトバクター属、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属

使用できない例(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

副作用

重大な副作用
ショック、アナフィラキシー
急性腎障害
偽膜性大腸炎
汎血球減少症、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少症
中毒性表皮壊死融解症(中毒性表皮壊死症)
皮膚粘膜眼症候群
間質性肺炎
痙攣
肝機能障害、黄疸

医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.