医薬品情報

セファゾリンナトリウム

名称

セファゾリンナトリウム

概要

・作用は殺菌的であり、特にブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌などのグラム陽性菌に対して強い抗菌力を示す
・体液、組織への移行性に優れている
・生体内でほとんど代謝されず、活性体のまま尿中に排泄される

代表的な商品

セファメジンα

構造

分類

注射用第一世代セフェム系薬

薬効薬理・作用機序

構造中のβラクタム環がムレインモノマーのD−アラニル−D−アラニンに構造が類似していることから、PBPに結合し、ペプチド鎖の架橋を阻害する。

主な用途

敗血症、感染性心内膜炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、関節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、眼内炎(全眼球炎を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎

<有効菌種>
セファゾリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、肺炎桿菌、プロテウス・ミラビリス、プロビデンシア属

使用できない例(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

体内動態

<消失過程>
腎臓から主に消失する

<併用薬の体内動態への影響>
・腸内細菌叢に影響を与え、ビタミンKの産生を低下させる(ワルファリンの作用を増強させる)

副作用

1)主な副作用
皮膚症状、発熱・悪寒、悪心・嘔吐、下痢、食欲不振 など

2)重大な副作用
ショック・アナフィラキシー
血液障害
肝障害
腎障害

偽膜性大腸炎
中毒性表皮壊死融解症(TEN)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

間質性肺炎、PIE症候群
痙攣

医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.