医薬品情報

スルタミシリントシル酸塩水和物

名称

スルタミシリントシル酸塩水和物

概要

・アンピシリンとスルバクタム(βラクタマーゼ阻害薬)エステル結合したもの
・生体内でアンピシリン、スルバクタムとなり作用する
・酸に安定、脂溶性が高く、経口投与で効率よく腸管から吸収される
・スルバクタムはβラクタマーゼを不可逆的に阻害する
・1つの薬剤で2つのプロドラッグとして作用する(吸収改善+βラクタマーゼに対して安定化する)ことから、マルチプロドラッグといわれる

代表的な商品

ユナシン

構造

分類

広範囲ペニシリン系薬

薬効薬理・作用機序

<アンピシリン>
構造中のβラクタム環がムレインモノマーのD−アラニル−D−アラニンに構造が類似していることから、PBPに結合し、ペプチド鎖の架橋を阻害する。

<スルバクタム>
β–ラクタマーゼを不可逆的に阻害することで、βラクタマーゼ産生菌に対するアンピシリンの抗菌活性を高める。

主な用途

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、子宮内感染、涙嚢炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎

<有効菌種>
スルバクタム/アンピシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌

使用できない例(禁忌)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
伝染性単核症の患者
[アンピシリンの投与により発疹の発現頻度を高めることがある。]

体内動態

<消失過程>
腎臓から主に消失する

<併用薬の体内動態への影響>
・腸内細菌叢に影響を与え、腸肝循環に影響を与えることがある
・腸内細菌叢に影響を与え、ビタミンKの産生を低下させる(ワルファリンの作用を増強させる)
・有機アニオン輸送系を競合的に阻害し、有機アニオン輸送系から分泌される薬の排泄に影響を与えることがある

副作用

1)主な副作用
下痢、軟便、発疹、肝機能検査値異常 など

2)重大な副作用
ショック・アナフィラキシー
中毒性表皮壊死融解症(TEN)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
急性汎発性発疹性膿疱症
剥離性皮膚炎
急性腎障害、間質性腎炎
血液障害
出血性大腸炎、偽膜性大腸炎
肝機能障害、黄疸

医薬品を使用する際には、必ず最新の情報を添付文書で確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.