医薬品情報

グーフィス錠5mg(エロビキシバット水和物)

名称

商品名:グーフィス
Good(優れた)とFeces(便)の組み合わせに由来
一般名:エロビキシバット水和物
ステム:ixibat
(回腸胆汁酸トランスポーター阻害薬、胆汁酸再吸収阻害薬)

剤形、規格

錠剤:5mg

構造

薬効分類

胆汁酸トランスポーター阻害剤

薬効薬理・作用機序

胆汁酸は、大腸管腔内に水分を分泌させ、さらに消化管運動を促進させることから、胆汁酸の再吸収が阻害されることで、便秘改善作用が期待できる。
エロビキシバットは回腸末端部の上皮細胞に発現している胆汁酸トランスポーター(IBAT)を阻害し、胆汁酸の再吸収を抑制することで、大腸管腔内に流入する胆汁酸の量を増加させる。

適応症、服用方法、使用方法

・慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)
通常、成人にはエロビキシバットとして10mgを1日1回食前に経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、最高用量は1日15mgとする。

使用できない場合(禁忌)

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・腫瘍、ヘルニア等による腸閉塞が確認されている又は疑われる患者
[腸閉塞を悪化させるおそれがある。]

副作用

<主な副作用>
腹痛、下痢 など

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・胆汁酸製剤

(ウルソデオキシコール酸、ケノデオキシコール酸)
本剤の胆汁酸トランスポーター(IBAT)阻害作用により、胆汁酸製剤の再吸収が阻害されるおそれがある。

・アルミニウム含有制酸剤
(スクラルファート水和物、アルジオキサ等)
これらの薬剤は、消化管内で胆汁酸を吸着するため、本剤の作用が減弱するおそれがある。

・コレスチラミン、コレスチミド
これらの薬剤は、胆汁酸を吸着するため、本剤の作用が減弱するおそれがある。

・ジゴキシン、ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
本剤のP−糖蛋白質に対する阻害作用により、上記の薬剤の血中濃度が上昇することがある。

・ミダゾラム
ミダゾラムの血中濃度が低下し、作用が減弱するおそれがある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.