医薬品情報

エディロールカプセル(エルデカルシトール)

名称

商品名:エディロール
一般名:エルデカルシトール

剤形、規格

カプセル:0.5µg、0.75µg

構造

薬効分類

骨粗鬆症治療薬(活性型ビタミンD3製剤)

薬効薬理・作用機序

エルデカルシトールは活性型ビタミンD3(カルシトリオール)の誘導体であり、カルシトリオールと同様の薬理学的特性を有する。
・破骨細胞の形成を抑制する。
・小腸におけるカルシウムの吸収を促進する。
・腎臓におけるカルシウムの再吸収を促進する。

適応症、服用方法、使用方法

骨粗鬆症
通常、成人には1日1回0.75μgを経口投与する。
ただし、症状により適宜1日1回0.5μgに減量する。

本剤投与中は、血清カルシウム濃度を測定し、高カルシウム血症を起こしている場合には、直ちに休薬することとされている。
休薬後については、血清カルシウム濃度が正常域まで回復した後に、1日1回0.5µgで投与を再開する。

なお、本剤1日1回0.5μg投与による骨折予防効果は確立していないため、漫然と投与を継続せず、患者の状態に応じて1日1回0.75μgへの増量又は他剤による治療への変更を考慮することとされている。

使用できない場合(禁忌)

妊婦、妊娠している可能性のある婦人又は授乳婦

使用するにあたっての注意事項

・本剤投与中は血清カルシウム濃度を定期的に測定し、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

・尿路結石のある患者及びその既往歴のある患者等においては、尿中カルシウム値を定期的に測定し、高カルシウム尿症が認められた場合は休薬あるいは減量するなど、適切な処置を行うこと。

・高カルシウム血症に関連する症状(倦怠感、いらいら感、嘔気、口渇感、食欲減退、意識レベルの低下等)の発現が認められた場合は、血清カルシウム値を測定するなどして慎重に経過観察を行うこと。

副作用

<主な副作用>
尿中カルシウム増加、血中カルシウム増加、血中カルシウム増加、血中尿酸増加、高カルシウム血症 など

<重大な副作用>
・高カルシウム血症
・急性腎不全
・尿路結石

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・ジギタリス
(ジゴキシン等)

高カルシウム血症に伴う不整脈が現れる可能性がある。

・カルシウム製剤
(乳酸カルシウム、炭酸カルシウム等)

高カルシウム血症が現れる可能性がある。

・ビタミンD及びその誘導体
(アルファカルシドール、カルシトリオール等)
高カルシウム血症が現れる可能性がある。

・パラトルモン製剤
(テリパラチド等)

高カルシウム血症が現れる可能性がある。

・マグネシウム含有製剤
(酸化マグネシウム、炭酸マグネシム等)

高マグネシウム血症が現れる可能性がある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.