医薬品情報

アリセプト錠3、5、10mg(ドネペジル塩酸塩)

名称

商品名:アリセプト
一般名:ドネペジル塩酸塩

剤形、規格

錠:3、5、10mg

構造

薬効分類

アルツハイマー型、レビー小体型認知症治療剤

薬効薬理・作用機序

アルツハイマー型認知症においては、脳内コリン作動性神経系の障害が認められている。また、レビー小体型認知症においても、同様に脳内コリン作動性神経系の障害が認められている。
ドネペジルは、アセチルコリンを分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼを可逆的に阻害し、脳内アセチルコリン量を増加させることにより脳内コリン作動性神経系を賦活する。

適応症、服用方法、使用方法

①アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
通常、成人には1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。
高度のアルツハイマー型認知症患者には、5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。
なお、症状により適宜減量する。

②レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制
通常、成人には1日1回3mgから開始し、1〜2週間後に5mgに増量し、経口投与する。
5mgで4週間以上経過後、10mgに増量する。
なお、症状により5mgまで減量できる。

使用できない場合(禁忌)

本剤の成分又はピペリジン誘導体に対し過敏症の既往歴のある患者

使用するにあたっての注意事項

・本剤の投与により、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐脈、心ブロック(洞房ブロック、房室ブロック)等があらわれることがあるので、特に心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)を有する患者や電解質異常(低カリウム血症等)のある患者等では、観察を十分に行うこと。

・レビー小体型認知症では、日常生活動作が制限される、あるいは薬物治療を要する程度の錐体外路障害を有する場合、本剤の投与により、錐体外路障害悪化の発現率が高まる傾向がみられていることから、重篤な症状に移行しないよう観察を十分に行い、症状に応じて減量又は中止など適切な処置を行うこと。

・他の認知症性疾患との鑑別診断に留意すること。

・定期的に認知機能検査を行う等患者の状態を確認し、本剤投与で効果が認められない場合、漫然と投与しないこと。

・他のアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有する同効薬(ガランタミン等)と併用しないこと。

・アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症では、自動車の運転等の機械操作能力が低下する可能性がある。また、本剤により、意識障害、めまい、眠気等があらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないよう患者等に十分に説明すること。

・本剤は口腔内で崩壊するが、口腔の粘膜から吸収されることはないため、唾液又は水で飲み込むこと。

副作用

<主な副作用>
発疹、瘙痒感、食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、便秘、興奮、不穏、不眠、眠気、せん妄、徘徊、振戦、めまい、肝機能検査値上昇、動悸、血圧上昇、BUNの上昇、白血球減少、総コレステロールの上昇など

<重大な副作用>
・QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心室細動、洞不全症候群、洞停止、高度徐 脈 、心ブロック、失神
・心筋梗塞、心不全
・消化性潰瘍、十二指腸潰瘍穿孔、消化管出血
・肝炎、肝機能障害、黄疸
・脳性発作、脳出血、脳血管障害
・錐体外路障害
・悪性症候群
・横紋筋融解症
・呼吸困難
・急性膵炎
・急性腎障害
・原因不明の突然死
・血小板減少

体内動態

本剤は、主として薬物代謝酵素CYP3A4及び一部CYP2D6で代謝される。

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>
・スキサメトニウム塩化物水和物
筋弛緩作用が増強することがある。

・コリン賦活剤、コリンエステラーゼ阻害剤
迷走神経刺激作用などコリン刺激作用が増強される可能性がある。

・CYP3A阻害剤
・CYP2D6阻害剤
・CYP3A4誘導剤
酵素阻害、誘導により本剤の血中濃度が変動することがある。

・中枢性抗コリン剤
本剤と抗コリン剤は互いに干渉し、それぞれの効果が減弱される可能性がある。

・非ステロイド性抗炎症薬
消化性潰瘍を起こす可能性がある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.