アムロジン錠2.5、5、10mg/アムロジンOD錠2.5、5、10mg(アムロジピンベシル酸塩)

名称

商品名:アムロジン
一般名:アムロジピンベシル酸塩

下田武

アムロジンの併売品としてノルバスクがあります。

 


剤形、規格

錠剤:2.5、5、10mg
OD錠:2.5、5、10mg


構造


薬効分類

高血圧症・狭心症治療剤
持続性Ca拮抗薬


薬効薬理・作用機序

細胞膜の膜電位依存性Caチャネルに特異的に結合することにより、細胞内へのCa2の流入を減少させ、血管(冠血管、末梢血管)平滑筋を弛緩させる。心臓に存在するCaチャネルに比べ、血管に存在するCaチャネルに選択的に作用する。

<主な作用>
・持続的な降圧作用
・高血圧に伴う血管障害への作用
・抗狭心症作用


適応症、服用方法、使用方法

<成人>
・高血圧症
通常、成人には2.5〜5mgを1日1回経口投与する。
なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。
・狭心症
通常、成人には5mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じ適宜増減する。

<小児>
・高血圧
通常、 6 歳以上の小児には、2.5mgを1日1回経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


使用するにあたっての注意事項

・降圧作用によるめまい等が現れることがあるため、高所の作業、自動車の運転等危険を伴う機械操作する際には注意させること。

・本剤は血中濃度半減期が長いため、投与中止後も緩徐な降圧作用が認められる。
(本剤中止後に他の降圧剤を使用するときは用量並びに投与間隔に留意するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与すること。)


使用できない場合(禁忌)

・妊婦または妊娠している可能性のある婦人
・ジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴のある患者


副作用

<主な副作用>
ほてり(熱感、顔面潮紅など)、眩暈・ふらつき、頭痛・頭重、動悸など

<重大な副作用>
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
・無顆粒球症、白血球減少、血小板減少
・房室ブロック
・横紋筋融解症

下田武

10mgに増量することで浮腫が現れやすいという報告がありますが、重大な副作用を起こしにくいことから、使用しやすい薬剤となっております。


体内動態

消失過程:CYP3A4による代謝
半減期:約36時間

下田武

他のCa拮抗薬に比べ、作用時間が圧倒的に長く、作用がマイルドに現れること、24時間血圧コントロールが可能であることから、最も使用されているCa拮抗薬となっています。


飲み合わせ(相互作用)

・CYP3A4阻害剤
(エリスロマイシン、ジルチアゼム、イトラコナゾール、プロテアーゼ阻害剤など)
本剤の血中濃度が上昇することがある

・CYP3A4誘導剤
(リファンピシンなど)
本剤の血中濃度が低下することがある

・グレープフルーツジュース
グレープフルーツジュースに含まれる成分が本剤の代謝を阻害し、本剤の降圧作用が増強されることがある。

・タクロリムス
タクロリムスの血中濃度が上昇し、タクロリムスによる腎障害が現れやすくなる

・他の降圧薬
相加作用により血圧が低下しやすくなる。

・シンバスタチン
シンバスタチンのAUCが増加することがある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。