医薬品情報

アミティーザカプセル12μg/24μg(ルビプロストン)

名称

商品名:アミティーザ
一般名:ルピブロストン

剤形、規格

カプセル:12、24μg

構造

薬効分類

クロライドチャネルアクチベーター

薬効薬理・作用機序

ルビプロスロンは、小腸上皮頂端側(管腔側)に存在するClC−2クロライドチャネルを活性化し、腸管側へクロライドイオンの移行量を増大させる。それにより腸管への水分分泌を促進し、便を軟らかくすることにより、腸管内の輸送を高めて排便を促進する。
また、ルビプロストンは、ClC−2クロライドチャネル活性化に基づく腸管粘膜上皮のバリア機能及び組織の修復作用を有することも確認されている。

大腸刺激性下剤に比べ、耐性、習慣性を生じにくい。
酸化マグネシウムの副作用である高マグネシウム血症を起こさない。
上記より、使用しやすい薬剤となっています。

適応症、服用方法、使用方法

・慢性便秘症(器質的疾患による便秘を除く)
通常、成人にはルビプロストンとして1回24μgを1日2回、朝食後及び夕食後に経口投与する。
なお、症状により適宜減量する。

肝機能障害、腎機能障害患者で効果が強く現れることがあるため、用量を調節して使用することとされています。

使用できない場合(禁忌)

1.腫瘍、ヘルニア等による腸閉塞が確認されている又は疑われる患者
[腸閉塞を悪化させるおそれがある。]
2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
3.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

使用するにあたっての注意事項

動物実験で胎児喪失が報告されているので、妊娠する可能性のある婦人に投与する場合には妊娠検査を行うなど妊娠中でないことを確認すること。また、本剤の妊娠に及ぼす危険性について患者に十分に説明し、服薬中は避妊させること。なお、本剤投与中に妊娠が確認された場合又は疑われた場合には、直ちに医師に連絡するよう指導すること

副作用

<主な副作用>
下痢、悪心 など


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.