医薬品情報

アダラートCR錠10、20、40 mg(ニフェジピン)

名称

商品名:アダラート
一般名:ニフェジピン

剤形、規格

CR錠:10、20、40 mg

構造

薬効分類

持続性Ca拮抗剤(高血圧・狭心症治療剤)

薬効薬理・作用機序

Caの血管平滑筋及び心筋細胞内への流入を抑制して、冠血管を拡張するとともに全末梢血管抵抗を減少させ、抗高血圧作用と心筋酸素需給バラ ンスの改善作用を現す。

・血管拡張作用により血圧効果作用を示す
・左出後負荷を軽減する
・冠血管を拡張して冠循環を増強するとともに側副血行路の発達を促進し、また冠血管攣縮を抑制することにより、 心筋虚血部への酸素供給を増加させる

適応症、服用方法、使用方法

高血圧症
通常,成人には20〜40mgを1日1回経口投与する。
ただし、1日10〜20mgより投与を開始し、必要に応じ漸次増量する。
なお、1日40mgで効果不十分な場合には、1回40mg1日2回まで増量できる。

腎実質性高血圧症,腎血管性高血圧症
通常、成人には20〜40mgを1日1回経口投与する。ただし、1日10〜20mgより投与を開始し、必要に応じ漸次増量する。

狭心症,異型狭心症
通常、成人には40mgを1日1回経口投与する。なお、症状に応じ適宜増減するが、最高用量は1日1回60mgとする。

使用できない場合(禁忌)

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

・妊婦(妊娠20週未満)又は妊娠している可能性のある婦人

・心原性ショックの患者
[血圧低下により症状が悪化するおそれがある.]

使用するにあたっての注意事項

・カルシウム拮抗剤の投与を急に中止したとき、症状が悪化した症例が報告されているので、本剤の休薬を要する場合は徐々に減量し、観察を十分に行うこと。
また患者に医師の指示なしに服薬を中止しないように注意すること。

・まれに過度の血圧低下を起こし、ショック症状や一過性の意識障害、脳梗塞があらわれることがあるので、そのような場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

・降圧作用に基づくめまい等があらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。

副作用

<主な副作用>

頭痛、頭重感、顔面紅潮、顔のほてり、動機 など

<重大な副作用>
・紅皮症
・無顆粒球症、血小板減少
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
・意識障害

体内動態

消失過程:CYP3A4による代謝

飲み合わせ(相互作用)

<併用注意>

他の降圧剤
(レセルピン、メチルドパ水和物、プラゾシン塩酸塩等)
相互に血圧低下作用を増強することがある。

β遮断剤
(アテノロール、アセブトロール塩酸塩、プロプラノロール塩酸塩等)
相互に作用を増強することがある。

ジゴキシン
ジゴキシンの血中濃度が上昇することがある。

シメチジン
本剤の血中濃度が上昇し,作用が増強されることがある。

ジルチアゼム
本剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されることがある。

トリアゾール系抗真菌剤
(イトラコナゾール,フルコナゾール等)
本剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されることがある。

リファンピシン
フェニトイン
カルバマゼピン
本剤の有効血中濃度が得られず、作用が減弱することがある。

タクロリムス
タクロリムスの血中濃度が上昇することがある.

シクロスポリン
歯肉肥厚があらわれやすいとの報告がある.

HIVプロテアーゼ阻害剤
(サキナビル,リトナビル等)
本剤のAUCが上昇することが予想される。

キヌプリスチン・ダルホプリスチン
本剤の血中濃度が上昇し,作用が増強されるおそれがある.

硫酸マグネシウム水和物(注射剤)
過度の血圧低下や神経筋伝達遮断の増強があらわれることがある。

グレープフルーツジュース
本剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されることがある。


(注意事項)
作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。
医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。

-医薬品情報

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.